スーツの男女

不動産売却を考えている人へ|タイミングが大事

ローンを払いきれない場合

一軒家の模型

滞納から競売通知が届くまで

住宅ローンを滞納すると、借入れ先から督促状が届きます。翌月も滞納していると、期限利益の喪失の予告通知が届きます。それでも何か月か滞納を続けていると、ローン保証会社から残債一括支払いの請求が届きます。代位弁済通知と言いますが、銀行などの借入れ先にかわって、保証会社が債務を引き受けることになった通知です。借入れ先からは期限利益の喪失通知が届いていることでしょう。これは借金を分割で返済する権利を失ったと言う通知です。この二つが手元に届くと、残債の一括返済か自宅を競売にかけられるかの二者択一です。もうどうしようもないと思って、そのままにしていると数か月後には裁判所からも通知が届きます。担保不動産競売開始決定の通知です。

裁判所から通知が届いても諦めないでください

この担保不動産競売開始決定通知が届くと、いよいよ競売です。実際に売却されるまでには時間がかかるかもしれませんが、1年以内には退去せざるを得ない事態になっているでしょう。競売だと売却価格も市場価格の半値にしかならないこともあります。本当は残債の一括請求が届いた時点で、任意売却の相談をしていたらよかったのです。任意売却なら市場価格に近い値段で売却できます。近所に競売の事実を知られることもなかったでしょう。もはやこれまでか、と諦めないでください。この通知が届いて入札が始まるまでには1か月程度期間があります。入札が始まる前なら、まだ任意売却できないことはありません。とにかく一刻も早く任意売却専門業者に相談してください。一般市場で買い手がすぐに見つからない場合は、一旦買取をしてくれる業者もあります。諦めずに相談してみてください。

Copyright© 2016 不動産売却を考えている人へ|タイミングが大事 All Rights Reserved.