スーツの男女

不動産売却を考えている人へ|タイミングが大事

物件の価格は変動する

模型を持っている女性

物件の人気に合わせて変動する価格帯

マンションや一戸建て住宅を分譲する不動産業者にとっては、土地の仕入れが経営のポイントである。また物件の完売を実現するためには、リーズナブルな分譲価格を実現する必要があり、できるだけ割安に土地を仕入れるべきであろう。しかしマンション分譲で人気のある大都市中心部の土地であれば、1坪当たり200万円以上の価格帯であっても積極的に購入する業者が一般的であろう。また郊外で建売住宅を販売する場合には、一次取得者層が購入しやすいように、坪当たり50万円以下の事業用地を積極的に購入するであろう。このように不動産業者が購入する土地の価格帯は、開発する物件のエリアとコンセプトに応じて、非常に幅が広いのが特徴的である。

これまでの事業用地購入の歴史

一戸建てやマンションの開発用地を購入する場合には、ターゲットを絞って地主と交渉するのが従来型のスタイルである。確かに現在でも地主から購入するケースは多いが、最近では事業向け物件を取り扱う業者から仕入れるケースも増加傾向である。そしてネット環境の充実によって、事業向けの土地の購入でも様々なルートで物件情報を収集する業者が最近では一般的であろう。特に経済と社会の変化が著しいのが最近の20年間の特徴なので、土地価格の変動に敏感な不動産業者も増加傾向である。したがって以前と比べると、物件情報を得てから購入までの決断が迅速化しているのが特徴的である。そして今ではスピード経営を実現することが、不動産業界における成功のポイントである。

Copyright© 2016 不動産売却を考えている人へ|タイミングが大事 All Rights Reserved.